大好きな海辺の辺鄙な街

年に何度か、どうしても行きたくなる街がある。
そこは海辺の街なのだが、自分が住んでいるところから結構遠いので、いつもそんなに長居はできず、後ろ髪を引かれる思いで帰ってくる。

別にこれといって楽しいところでもなく、まあ目ぼしい観光スポットといってもひとつふたつあるかどうか、といったところの、ごく普通の海辺の街なのである。
商店街は、駅のすぐそばは何とか成り立っているが、一本奥へ入るとことごとくシャッターが下りている。
そんなありふれた街なのに、どういう訳か、どうしても行かずにはおれない。
そこへ行ったらまず住宅街を散歩する。
結構な高級住宅街なのだろうか、洒脱な邸宅が立ち並び、みんなセキュリティー会社と契約している模様。
住宅街自体は、山を切り開いたからか、もともと海抜が低い分高いところに街を作ったのかは知らないが、とにかくやたらめったら坂が多い。
どこへ行っても坂ばかりなので、しまいにはいつも息が切れてすっかりばててしまう。
けれども、ふとした瞬間、登りきった坂の上や、家々の切れ目から海が見えたりすると、それまでの疲れがいっぺんに吹き飛んでしまう。
なんだか自分だけが、皆が知らない、思いがけない発見をしたような気になって(むろん住んでいる人にしてみれば見飽きているのだが)、ああ来てよかったという気になるから不思議だ。
それで結局、元来た坂を今度は下りながら、そして膝を痛くしながら帰っていく。
どちらにしても、行きも帰りも非常な疲労困憊なのだが、それでも私はこれからもきっと毎年何回かこの街に来るだろう。
そうして疲れながら散歩するのだ。
そうそう、帰りに地酒を買っていくのも、忘れてはいけない決まりである。

リゾートホテルでのんびり

毎年沖縄に家族で旅行に行っています。
いつもは夏に行くのですが、今回は子ども達の春休みを利用して行ってきました。

2泊3日の沖縄の旅はあいにくの曇りや雨続きで、とても残念でした。
ビーチには出られないので、リゾートホテルのプールやジャグジーで小雨の降る中、仕方なく泳ぎました。
それでも子ども達は元気で雨のプールを楽しんでいます。

私は寒がりなので、プールのすぐ横にある暖かいジャグジーに逃げ込みます。
ジャグジーでは新婚旅行に来たという若いご夫婦とお話しをしました。
20歳くらいでしょうか。とても気さくなお二人でした。

それに海が大好きで、小雨の降る中ビーチまで行き、朝からバナナボートを6回してきたそうです。
若さ故なのか?新婚パワーなのか?他には誰もビーチにいなかったそうです。

私達もプールにばかり入っていてはふやけてしまうので、クジラの形の船に乗り、魚の餌付けをしました。
しかしこれもまた悪天候ゆえに、海の中が濁り魚も見えない状況でした。

こんな沖縄は初めてですし、これでは沖縄に来た気がしません。
そこで7月にまた沖縄リベンジ旅行を計画中です。
せっせと旅行積み立てをします。

旅行積み立ては保険商品もあるようですが、保険というイメージがあまり好きではありません。
地道にコツコツと貯蓄することは、社会人デビューしたころからやってますので、貯めることには自信があります。

海に潜って楽しむ
口コミで評判のダイビングショップ
石垣島で少人数制でダイビングを楽しませてくれるダイビングショップがコチラ
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«