世界の消費は女性にかかっている

最近読んだ女性向けのマーケティングの本を紹介しましょう。
それには世界の消費は女性がキーマンであることが解説されています。

確かに消費の世界で女性の存在は重要視されています。
これは、百貨店やショッピングモールのフロア構成を見てもわかることです。

著者によると、女性の消費は現在の2000兆円から、数年後には2800兆円に拡大するという予想です。
私が住んでいる沖縄も言わば世界の動向と同じ道をたどっています。

沖縄の女性はよく働きますが、よく使います。
県民性なのかどうかは不明です。

先日、商工会の集まりがありましたが、その席でも沖縄で新規事業をスタートさせるなら女性をターゲットにした内容が当たるという話で盛り上がりました。
中国や韓国の旅行客も増加している中、何がひらめくのを待っている私です。

そこで浮上していたのがダイビング企画。
企画とは名ばかりで、単にマリンスポーツを目当てにやってくるだろう的な、安易なものでした。
石垣島がメッカですから本島でやらなくてもという感じですよね。

でもこうしたフリーなアイデアを出す空間から、すばらしいビジネスモデルが誕生することが必ずあります。
ブレーンストーミングが日本で普及していないのは、必ず批判が起こるからです。
これは国民性でしょうか、前例が無いからダメだとか、はっきり言えば開拓精神が無いわけです。

島国ですから、今ある資源の中で正解を出すことしか出来ないのですよね。

石垣島のダイビングを一生に一度は体験
マリンスポーツに嗜む人は海の中の世界を案内したい。ライセンス取得も丁寧に指導します。
www.blue-water-divers.jp/

«
»