鳥インフルエンザを生物テロに利用することが懸念

最近読んだ新聞の記事によると、鳥インフルエンザを生物テロに利用する動きが懸念されているようです。

いろいろと考える人がいるものですね。

テロといえば、日本でも発生しましたが、無差別テロが一番怖いです。
生物テロの研究も進んでいるようで、ウイルスの研究家やインフルエンザの専門家が集まって会議を行うそうです。

勿論、日本からも大学教授が参加する予定だそうです。
鳥インフルエンザによる被害は日本でも相当なものでした、そのウイルスの脅威を知っているからこそ、早急に対策をねる必要があります。

しかし、こういうテロに関する情報はどこから仕入れるのでしょうか。
やはりスパイなるものの存在は今もあるのでしょうか。

映画の世界とどうしても重ねあわせてしまう今日この頃です。
しかし、世の中には知らない事が、ゴロゴロしているわけですし突然ミサイルが飛来することも、もはや想定外では済まされなくなっているのが現状でしょう。

平和を提唱しながらも、外交カードとして脅威なるものをチラつかせるのは、どの国も同じやり方なのでしょうかね。
中でも日本は弱腰だなどと言われていますが、果たして、新聞やワイドショーレベルの情報で、それらを鵜呑みにしてもいいのでしょうか。

外交もビジネスのひとつのプロセスでしょうから、仕事でもヒントになることはあるのかもしれません。
お互いが条件に合意するための意志疎通の引出しを多く持っておきたいものです。

卸業者の食肉通販
ヘルシーな食肉卸します
健康志向の高まりで国内高級ブランド肉のニーズも。
meat-kimura.co.jp/

«