ブラックリスト方式フィルタリングについて

フィルタリング方法の一つに「ブラックリスト方式」があります。
ブラックリスト方式の問題点として「カテゴリ別に纏められていて、有害でないサイトも有害なサイトに含まれてしまう。」という事があります。

この間違いも困ったものです。
有害でないのに有害なサイトに含まれたりするのは、濡れ衣のようなものです。

カテゴリ別に纏める為に使われているのは多くはキーワードで、キーワードは日本語の場合、漢字や語彙で判別されるのでは無くて読みの音で区別してあるようです。
同じ読みの語でも文字が違い文章が違えば有害か無害かが違って来ます。

サイト作成者がそのブラックリスト方式フィルタリングが付いたプログラムを使っていなくてずっと気が付いていなかったり、そのフィルタリングが改善されなくて、そのフィルタリングサービスを信用している人達は、その誤解されたサイト関連者に対して、間違った認識を持ってしまいます。

それならホワイトリスト方式はというと、これも検査中と検査後は状況が変わって万全では無いようです。
何か怪しいと感じたらブロックするための勘を養って勘のフィルターを日々刷新する必要があるようです。

おしゃれはアクセサリーで
チタンピアスが美しい
ピュアチタンから作られるオリジナルのチタンピアスを販売しているサイト
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.symphonicmania.com

«
»