健康にいいものアレコレ

健康に良いと話題になったものは、基本的に何でも試してみます。

カテキンが良いと言われればジュースを飲むのをやめて、飲みものを緑茶に切り替えますし、チェダーチーズが体脂肪を燃やすと言われれば、チェダーチーズは少し値が張るので痛いところでしたが毎日量を少しずつにするなど、工夫して食べました。

納豆を食べて痩せるダイエットが流行った時には、ふだんはあまり食べることのない納豆を意識して食べるようになりました。

これらのことは、食品ひとつの健康効果に依存した考えでやっているのではなくて、毎日生活している中では食べることが少ない食品を摂ることで、ふだん摂っていない栄養成分を補給することがいちばんの目的であり利点なのだと思っています。

けれども時に冷静に考えることがあります。
健康とは食べる事だけで築き上げる事が出来るのだろうかと。
例えば、テレビで紹介されてブームになったものばかりを追いかけていても、ダメなんじゃないだろうかと。

その昔、健康系番組ではデータのねつ造が行われ、その番組は打ち切られましたが、紹介された食材が翌日にはスーパーなどの店頭から消え去るほどの売れ行きだったことを考えると、ひとつの社会現象でしたね。

これによって、いかに楽に簡単に健康を求めようとしている人が多いのかが、はっきりとわかりましたよね。
同時に、情報に左右される人々の多さに驚いたものです。

睡眠は必要

ストレスを感じている人の中で、睡眠障害に悩まされている人は少なくありません。
睡眠が大切だということは言うまでもありませんが、睡眠障害によって起こる様々な症状について認識していなくてはいけない現状であります。

一般的な認識では、「夜眠れない」「遅寝遅起き」「昼間に強烈な眠気が襲う」などですが、強度な睡眠障害の場合は、覚醒反応があったり、頭痛が一日襲ったり、ホルモンのバランスが崩れたり、日常生活で支障がきたすことあるようです。

その他に「無呼吸症候」や「夜尿症」など、呼吸器や内臓に障害をもたらすことも増えてきているようです。
規則正しい生活を送ることはとても大切です。

ただ、栄養補給だけでは理想的な身体を手に入れることはできません。
健康的な身体を保つには、十分な睡眠を取ることもとても大切です。
睡眠不足は美容や体調管理にとっては大敵なのですが、なぜか男性は「寝てない自慢」が多いのが不思議でなりません。

睡眠は十分に取った方が良いのであって、寝ていないのは自己管理不足でしかありません。
働き過ぎによる睡眠不足は、会社に改善を訴えるべきでしょう。
そもそも、睡眠不足で生産性の高い仕事をしている人は、世界中探してもいるはずがないのです。

仕事の効率化のコツは、省く、任せる、というのが鉄則です。
ひとりで出来ることには限界がありますからね。

»