通信教育選び

ファイナンシャルプランナーの勉強をするために、通学か通信教育か迷ったが、地元では教室が少ないこともあり通信教育を選択した。

自律した勉強には自信があったので、軽く考えていた。

学生時代から考えると久々の自宅学習。
映像を見ながらテキストを目で追い、ノートをとる。学生のときは両親が学費を払ってくれていたが、通信教育は自腹。

そう考えると教材が大事なものに思えた。
ときに睡魔に襲われることもしばしば。

そういうときはお気に入りのコーヒーを丁寧にいれて、思いっきり休んだ。
通信教育にして良かったことは、電話で分からないことを教えてくれるサービスがあったこと。

そして、試験までに模試があったこと。
送ると採点もしてもらえるからとても自信がついた。

一人で黙々と机に向かうことが出来るんだということも、自分の中では自信になり、他の資格取得にも意欲が出てきた。

自分の身になることだったらどんなことでも勉強したいという意欲が出てきたことは、学生時代の自分には想像できない姿だとおもう。
学生の頃は勉強が嫌だったのに、今はどうして、こうも向学心が出来たのかわからない。

ただ、無知な大人では恥ずかしいし、社会の仕組みを知るには無知だと損であることも知ったからであろうと思う。
知識はリスクヘッジなのである。

いろいろな精肉
食肉の仕入れ先なら
業務用の牛肉・鶏肉など多品種を仕入れて最高の肉として提供いたします
meat-kimura.co.jp/

«