読書と仕事を両立する方法

それまで読書と言えば文学作品か雑誌くらいしか読んだことが無かったのですが、最近ビジネスに関する本にはまっています。

意外と面白い物なんですね。

ビジネスという響きから勝手に面白くないものだと決めつけていたのですが、読んでみると面白くてやめられなくなってしまいました。
事の発端は取引先の担当者からからおすすめの本を紹介されたこと。

それ以来、紹介された本をかたっぱしから図書館で借りてきては読み漁っています。

あまりに読書に没頭しすぎると、今度は仕事の作業時間が削られてしまって本末転倒になってしまうので気を付けているのですが、読みたい本が多すぎてうまく両立できていません。

読書時間の作り方、なんて本があったらぜひ購入して読んでみたいくらいです。
恐らく時間管理術が確立されていないのでしょうが、こういう時こそ、タブレット端末で通勤中に読むことで時間を有効活用することになるのでしょう。

が、乗り物に揺られながら下を向いては読めないのですよ。
三半規管を刺激されて、頭がクラクラしてくるので、この方法は私には向いていないですね。
なので、ビジネス書でも文庫サイズを好んで買うようにしましたので、バッグにいつも入っています。

これだと時間が空いたときに、スッと取り出せるので、一番自分に合っている時間の活用法と読書スタイルです。
めがね式のリーダーだと楽なんですけどね。

«
»