子を持つ母の仕事復帰事情

新卒学生さんの就職難について騒がれていますが、主婦の仕事復帰もなかなか大変なものです。
子どもがいるから、子どもの体調が悪い時や行事の時に休みがほしいと心の中で思っていても、面接の時に正直に伝える必要はありません。

両親に協力してもらえるように了解を得ています、病児保育をしてくれるところを探してあります、と答えた方が良いです。

採用担当者は、再就職するにあたって家族との連携はとれているのか、どれだけ本気かを推し量っているのです。
実際、仕事が休めない時に、子守りをしてくれる祖父母などが近くに居ない時には、病理保育をしてくれるところや、自治体などのファミリーサポートを利用する事を考えて調べておいた方が安心です。

仕事・家事・育児を両立できるかどうかやってみるまでは、誰しも不安です。
でも、やると決めたからには面接へ行ってその不安が表に出ない様に、下調べをしっかりして自信を持って面接に挑みましょう。

そもそも女性が妊娠したら育児休業をすすめながらも、実は退職して欲しいという企業の方が多いというアンケート結果があるそうです。
相変わらず理解の無い経営者が多いみたいですね。

一方ではワークライフバランスを標榜しながら、現実はこの体たらくです。
いかに企業が外向けのポーズを取っているかがわかるのではないでしょうか。

そして企業説明会では、決して育児に関する理解と体制は確認は出来ないものと考えた方がよいです。
甘いことを言ってはいますが、現実は育児のための休暇を渋る会社がほとんどです。

«
»