ルーティンワーク

事務員にはコミュニケーションが必要な場合と、ルーティンワークばかりの場合があります。
狭い場所ではルーティンワークの部分が機械化されるのですが、機械を扱い機械を管理調整するために機械とコミュニケーションを取らなければならないような事になります。

人間の場合でも機械の場合でも作業を単純化すると見落とし等のロスが出て来ます。
そういう部分にはリスク管理が必要なのでしょう。

人間のルーティンワークでは、複数の人がした結果が同じにはなりません。
機械は人間より動作が一定しているものの、あるべきでない外的要因が加わって誤作動し人間がそれに気が付かない場合もあります。

リスクコミュニケーションから始まり(人間の場合は例えば朝礼。パソコンの場合はセキュリティチェック等。)、ルーティンワークに取り掛かり(人間の場合は時々コミュニケーションを取り)、ルーティンワークの結果を整理するまでが機械を使いながらの事務などのルーティンワークかと。

整合性を確認して結果を報告したり書類を提出するのがコミュニケーションだとすると、「リスクコミュニケーション → ルーティンワーク → (人が一息付く為のコミュニケーション) → ルーティンワーク → 仕事終わりのコミュニケーション」という風に進んで行くのではないでしょうか?

パートとして職場の一部の作業をするために雇われる場合、この中のルーティンワークのみがほとんどのようです。

不安なく働ける職場を選ぶ
就業管理ソフト導入
労務管理の面倒を一度で解決が可能な就業管理
biz-work.jp/
関連:www.nflsea.com

«
»