読み聞かせを大切に

子どもが通う園は、読み聞かせを大切にしています。
絵本でも、紙芝居でも一日のうちに何冊も読んでくれます。

自宅でもたくさん読んであげてくださいと、年齢に合った絵本を教えて下さいます。
絵本を読んであげる時は、家事が残っていて気持ちがあせっていてもなるべく子どもに寄り添って、気持を落ち着かせてから読むようにしています。

そうして、落ち着いて読むことで安心し、集中力がつくそうです。
絵本で感じるワクワク・ドキドキが好奇心や想像力を育ててくれます。
想像力は、成長し進路を決めていく上でとても大切だそうです。

どなたかが、本に勝る先生はないと言っていました。
まさにその通りだと思います。

活字離れが問題視されていますが、絵本に慣れ親しんで本が好きな子に育ってほしいとねがっています。
願うだけなら、どんな親でも出来るので、やはり行動が伴わないとダメですね。
祈るだけで、何かを成し遂げるなど、都合の良いことは起こりません。

図書館で本を借りる、あるいは、ある程度の絵本を始めとする読み物を自宅に蔵書して、読む習慣をつけさせるなどの具体的な行動が必要になります。
これは親が積極的に働きかけなければ、子どもは動きません。

口だけ出す親はウルサイと、将来、言われる覚悟がある人はそれでもいいかと思います。
言われたときは「子どものクセに」なんて、自分の行動を顧みずに言うのは止めましょうね。
親子関係のズレは、こうした事が蓄積されて深くなっていく訳ですから。

食肉のセット
肉料理セットは精肉専門店で
すき焼き・しゃぶしゃぶと来客用に準備するならミートキムラのセットメニューがベストチョイス
meat-kimura.co.jp/

«