テレビ電話はどうも

テレビ電話の類は殆ど使った事が無いと申しますか、恥ずかしいので自分で率先して使う事は無いのですが、先日、訪問先での会話の流れでボックスの中に入ったらテレビ電話になっていて、会話とボックス内の機械の操作で事務処理を進めた事がありました。
 
相手の女性は顔は映っているけど、どこにいらっしゃるのか判りません。
受付に慣れていらっしゃるかたのようで、流暢に作業案内をされました。

多分、非情に離れた所にいらっしゃる方だろうと思ったのですが、それから2ヶ月位経った今でも、顔と声を良く覚えています。
相手の方にもこちらの顔が見えていたのでしょうから、お互い、仕事の関係で合って話した事がある、という対人関係と一緒なのかも知れませんが、度胸が要るという感じがします。

従来の、複数の受付事務員さんが座っていらっしゃる所での、複数の来客がある中での遣り取りでも、沢山の人と顔を合せているのですが、顔を合せていてもこちらが余り気に留めていないからでしょうか?
会話の時以外は余り見ない様にしているからでしょうか?

時々しか行かない店舗の多数の職員の中の一人のかたと道で擦れ違う時、『どちらの方だったかしら?』と思うくらいですが、テレビ電話の方が印象的過ぎて何だか怖い感じがします。

ダイビングの講義は少人数制
初心者から上級者まで幅広い対応力が売りのダイビングスクール。マンタを見たいなら申し込みを。
www.blue-water-divers.jp/

«
»