無職を削減しよう

仕事とは切っても切れない関係だ。
1人暮らしで独立した人なら自分が生きていくために、生活に必要な収入を得られるだけの働きをしている。

夫婦になり家庭を持ったなら、その生活を支えるために協力して働いている。
さて、実家暮らしでとっくに成人を迎えているものの、不況が影響であるいは個人の事情で働けない若い人たちはどうすれば良いのだろう。

働きたくても働けないだけなのに、働いていないことで周囲から批判されてしまう。
彼らを気軽に無職者や失業者をあざける心ない行為や、情けないと責めて重圧をかけるのはぜひやめて頂きたいものだ。

バカにしてプレッシャーをかけても彼らは救われない。
周囲が彼らにするべきことは、彼らを受け入れること・思いやることだ。

やりたい職業があるのにその職に就けずにいる人には、代わりに情報収集をしたり就き方を調べて教えてあげたりすると良いだろう。

仕事で大きな失敗経験があり、何をしようとすれば良いのかも見失うほど絶望した人などには、本人を客観的に見てできそうなことや好みなどを、あくまで優しい態度でリサーチし、まずはアルバイトから薦めてみよう。

いきなり正社員採用を強要するのは酷だ。
ますます萎縮してしまう。
決して責めるのではなくケアをしていくことが大切なのである。

ワークライフバランスの概念が浸透し、在宅勤務が最近では見直されている。
同時に、幼い子を持つ主婦が在宅ワークでネットショップを立ち上げて、家計の足しにすることも増えてくることだろう。

石垣島のダイビングツアー推薦
このダイビングショップでのファンダイビングを推奨します
www.blue-water-divers.jp/

»