バレンタインデーも世の中の世情を写しだす

バレンタインデーが近づいてきました。
ショッピングに出かけると、色とりどりの包装紙やパッケージが目に飛び込んできます。

本来はチョコレート会社がチョコレートの売上アップのために考えたこのイベントもすっかり定着していますが、時代とともにその解釈は変化を見せています。

本来は好きな男の子に女の子が告白するチャンスでした。
それが次第に会社の上司や男友達にもあげる「義理チョコ」が話題となり、昨年にいたっては「高級なチョコレートを大切な女友達にあげる」女子が最も多かったようです。

違いがわかる女友達に高級チョコを贈り、自分も高級チョコを見返りにもらうわけです。
または、自分用に購入する女性も多かったようです。

男性の存在自体が置き去りにされているこの状態、今年はどういう傾向になるのでしょうか。
ここ最近では、義理チョコや友チョコの他に、やたらと強引なネーミングで売上を伸ばそうと躍起になっている感じがして、少々シラケムードなのです。

もう、告白の機会と捉えるのは時代遅れなのかもしれないですね。
菓子メーカーや販売店は、どのような理由であっても、売れればいいわけですからチョコを買わせるように仕向けることが仕事なんだとわかりました。

つまりは、本質を知ることも無く、表面的なものだけを見て、行動する人々をいかに囲い込むかがビジネスの成功の秘訣なのかもしれませんね。

チョコレートケーキ

我が家のおやつメニューに
電子レンジで作るチョコレートケーキ、というのがあります。
もともとインターネットで見て、分量も簡単、手順もお手軽ということで作り始めましたが、すっかり我が家の定番になりました。

材料は
バターまたはマーガリン 80グラム
砂糖 80グラム
卵 2個
ココア 50グラム
ホットケーキミックス 50グラム
上記の材料を順番に混ぜる。
耐熱の型に入れる。
ラップをして電子レンジで5分。
以上です。簡単でしょう?
我が家では、このケーキをプラスチックのタッパーに入れて作るのですが、完成して型から出した後、一旦2~3センチ角ぐらいの小さな形に切り分けます。
そしてそれを誕生日のときは丸型に、クリスマスのときはツリーの形に、など、そのイベントごとの目的に合うように並べ替えるのです。
形が出来上がったら、生クリームを塗り、デコレーションをします。
飾りはカラフルなマーブルチョコレートが中心で、小さな子どもたちにもお手伝いしてもらいます。
アルファベットのクッキーがあれば、「HAPPY BIRTHDAY」や「MERRY CHRISTMAS」などの
メッセージを入れることもできます。
このとき使う生クリームはできるだけ良いものを。
仕上げの味が良いと満足度が高いです
あとデコレーションにイチゴがあるとさらにスペシャル感アップ!
このケーキ、さらにおすすめな点が!
土台がすでに小さなケーキの集まりでできているため、あらためて切り分ける必要がないのです。
お父さんもお母さんも、フォークを持ち始めたばかりのちびっこも、家族みんなでつついて一緒に食べられます。
これ、なかなか楽しいです。
逆に、最初から各自で一人一つ形を作って
それぞれが好きなようにデコレーションして、自分で作ったものを自分が食べる、ということも可能です。
普段の生活の中でおやつとして作ることもあり。
特別な日に登場することもあり。
材料費も手間もそれほどかからないし、小さい子どもも大人も楽しく作って食べられるので、このケーキ、おすすめです!

ロトで小遣い稼ぎ
ロト6の予想
ロト6予想の大原則のひとつは引っ張り数字、連続数字、飛び石出現のうち、最低1個を取り入れること。残る大原則はコチラ。
www.hpfree.com/takarakuji/
関連:www.expansion-financiera.com

«